お客様とお薬をつなぐ医薬品のマーケットプレイス

薬価ベース、売買金額ベース

薬価ベース、売買金額ベースの違い

手数料が同じ10%だったとしても。。。
薬価に対しての10% と 売買金額に対しての10%では手数料金額に大きな違いがでます!

例えば
薬価の10%の場合
薬価 × 錠数 × 手数料(10%)
100(円)×100(錠)×10%=1000円

薬価ベースの場合、割引率は関係ありません
売買金額の10%の場合
薬価 × 錠数 × 割引率(50%)= 売買金額
100(円)×100(錠)×50%= 5000円

売買金額5000円に対する手数料(10%)
なので

5000(円)×10%500円
となります。

つまり売買金額ベースの場合、
割引率の分だけ手数料も安くなります!!
例は割引率50%の場合ですが、薬価をベースにした場合、割引率は関係なくなってしまうため、 1%でも割引された状態で売却されるのであれば、売買金額をベースにした手数料のほうが手数料が安く済みます。